ヤマハ製RTX830とWLX202を使用したゲスト用Wi-Fiの設定

ヤマハ製ルータRTX830とアクセスポイントWLX202を使用してゲスト用Wi-Fiの設定方法についてまとめる。

今回使用する機材

RTX830でゲスト用Wi-Fiの設定手順

今回はVLAN ID10として以下の設定内容で進める。

用途VLAN IDIP
ローカル(通常使用)01(デフォルト)192.168.2.0/24
ゲスト用Wi-Fi10192.168.10.0/24

RTX830にまずVLANの設定を行う

RTX830には既に通常使用のIPの設定が済んでいる前提で話を進める。

RTX830の管理画面からLANマップ>タグVLAN>新規の順でクリックする。

VLAN ID10
名前VLAN10など適当に
ルーターのIPアドレス192.168.10.1
DHCPサーバー機能使用する
192.168.10.2~192.168.10.99
(99は適当に)

以上でVLANの設定は完了。

ちなみにコマンドだと3行で終わる。

RTX830 VLAN config
vlan lan1/2 802.1q vid=10 name=VLAN10
ip lan1/2 address 192.168.10.1/24
dhcp scope 10010 192.168.10.2-192.168.10.99/24

RTX830にIPフィルターの設定を追加する

このままではゲスト用Wi-Fiから簡単にローカルのPCなどにアクセスできてしまう。

そのためインターネットのみアクセス可能にしローカルにはアクセス不可になるようIPフィルターを設定する。

詳細設定>セキュリティー>IPフィルター>LAN1/1 確認で進める。

静的フィルターの[編集]をクリックする。

静的フィルターの[新規]をクリックする。

まずゲスト用Wi-Fiから通常使用のセグメントにアクセスできないように以下のIPフィルターを設定する

番号1001100(適当に)
タイプreject(ログなし)
プロトコル*
送信元アドレス192.168.10.0/24
宛先アドレス192.168.2.0/24
送信元ポート番号すべての番号
宛先ポート番号すべての番号

次に外部のインターネットには接続可能になるようにIPフィルターを設定する

MEMO
送信方向のIPフィルターにローカル側からゲスト用Wi-FiにもアクセスできないようにIPフィルターを追加することも可能

番号1000101(適当に)
タイプpass(ログなし)
プロトコル*
送信元アドレスすべてのアドレス
宛先アドレスすべてのアドレス
送信元ポート番号すべての番号
宛先ポート番号すべての番号

今回設定した2つのIPフィルターを実際に適用する。

注意
ヤマハのIPフィルターは上から順に適用されるため、順番には注意が必要である。

コマンド入力の場合は3行で終わる。

RTX830 IPフィルターconfig
ip filter 1001100 reject-nolog 192.168.10.0/24 192.168.2.0/24 * * *
ip filter 1001101 pass * * * * *
ip lan1/2 secure filter in 1001100 1001101

これでルータ側RTX830の設定が終了する。

WLX202のSSIDにVLANを設定を追加する

次にアクセスポイントWLX202にもVLANの設定を行う。

管理画面から無線設定>SSID管理>追加を選ぶ

ゲスト用Wi-FiのSSIDなどを入力しVLAN IDに10を入力。

ゲスト用SSIDに接続された機器同士のセキュリティーを高めるために

プライバシーセパレータを使用するにしておくと良い。

ちなみにWLX202はブラウザからコマンド入力はできない。

以上でゲスト用Wi-Fiだけ隔離して安全にWi-Fiを提供できる。

iPhoneでQRコードを使ってWi-Fiに接続する方法

3 COMMENTS

西條 秀之

すみません質問させてください。上記のWLX202ゲストポートを作成する際にデフォルトのVLAN ID01の設定もVLAN ID10の同様にRTX830に入れる必要はあるのでしょうか。不躾に申し訳ございませんが教えて頂けたら幸いでございます。

返信する
管理人

ちょっと質問の意味がわからないのですが、通常WLX202でSSIDを設定した場合デフォルトでVLAN ID01になると思います。
VLAN ID01というのは通常の通信と同じなのでRTX830に追加する必要はありませんよ。

返信する

管理人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です